Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックス、IT機器の監視運用を支援する中小企業向けサービスを提供

富士ゼロックスは、IT機器の監視サービス「IT監視運用サービス SaaSモデル」を、8月16日より中小企業向けに提供開始する。

同サービスは、リモートから企業内のサーバやネットワーク機器を監視するサービス。監視エージェントを搭載したサーバを顧客企業の環境に設置し、機器の稼動状況を24時間体制で監視。障害発生時に管理者へメールで通知する。

オプションのオンサイトパックにより、全国320カ所に配置された同社のサービス拠点からエンジニアを派遣するなどのバックアップ体制を用意した。障害検知から障害の切り分け、ソフトウェア環境の再設定までワンストップでサポートする。

価格は、初期登録費用が3万1500円。基本サービスが月額3万1500円。

(Security NEXT - 2012/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア