Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃ツールに脆弱性、犯罪者も一転狙われる立場に - NTTデータ先端技術が検証

サイバー攻撃に用いられるリモートアクセス管理ツール「Poison Ivy 2.3.2」に任意のコードが実行される脆弱性が判明した。

「Poison Ivy」は、感染端末でプログラムを実行したり、情報を取得できるボットプログラムと、コマンド&コントロールサーバで構成されるサイバー攻撃ツール。

脆弱性を検証したNTTデータ先端技術によれば、コマンド&コントロールサーバとして動作する同ツールに対して、細工したパケットを送信することにより、リモートから実行ユーザーと同じ権限を取得することが可能だという。

バックドアに感染したクライアント端末とC&Cサーバ間の通信内容は暗号化されており、脆弱性を悪用するためにはパスワードを入手する必要があるが、公開されている攻撃コードには、総当たり攻撃の機能がすでに実装されており、複雑なパスワードが設定されている場合も、高確率で攻撃が成功する状況となっている。

今回の問題についてNTTデータ先端技術の辻伸弘氏らは、脆弱性の被害を遭わないために「そもそもこのようなプログラムは使用しないこと」と同検証レポートで指摘。不用意にこうしたツールを利用しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供