Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleのセキュリティ施策は未成熟、ユーザーは注意を - Symantec指摘

米Symantecは、Macを狙った攻撃が徐々に増えているとして警鐘を鳴らしている。バックドアを用いた標的型攻撃も確認されている。

同社は、Appleのセキュリティ施策について「未成熟」であると指摘。そのためユーザー人口はWindowsに及ばないものの、「Mac OS X」が攻撃者にとって狙いやすい標的に変化しており、以前より攻撃が目立っていると説明する。

2012年前半の状況を見ると、2011年に登場したマルウェア「OSX.Flashback」の亜種が発生し、感染活動を展開。また新種である「OSX.Sabpab」が発見されたほか、3月より活動が確認されている「OSX.Macontrol」についても、最近あらたな亜種が標的型攻撃に用いられていた。

「OSX.Macontrol」の亜種は、特定のIPに対するバックドアを開くシンプルなマルウェア。ファイルや端末情報を外部へ送信したり、ファイルを実行、削除する機能などを備えていた。

Appleでは、Mac OS Xのマルウェア定義を更新し、同亜種へ対応したが、Symantecでは、今後もマルウェアが発生する可能性があるとして、セキュリティ対策ソフトを利用し、定義ファイルを最新の状態に保つようMacの利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも