Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleのセキュリティ施策は未成熟、ユーザーは注意を - Symantec指摘

米Symantecは、Macを狙った攻撃が徐々に増えているとして警鐘を鳴らしている。バックドアを用いた標的型攻撃も確認されている。

同社は、Appleのセキュリティ施策について「未成熟」であると指摘。そのためユーザー人口はWindowsに及ばないものの、「Mac OS X」が攻撃者にとって狙いやすい標的に変化しており、以前より攻撃が目立っていると説明する。

2012年前半の状況を見ると、2011年に登場したマルウェア「OSX.Flashback」の亜種が発生し、感染活動を展開。また新種である「OSX.Sabpab」が発見されたほか、3月より活動が確認されている「OSX.Macontrol」についても、最近あらたな亜種が標的型攻撃に用いられていた。

「OSX.Macontrol」の亜種は、特定のIPに対するバックドアを開くシンプルなマルウェア。ファイルや端末情報を外部へ送信したり、ファイルを実行、削除する機能などを備えていた。

Appleでは、Mac OS Xのマルウェア定義を更新し、同亜種へ対応したが、Symantecでは、今後もマルウェアが発生する可能性があるとして、セキュリティ対策ソフトを利用し、定義ファイルを最新の状態に保つようMacの利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデート - 脆弱性21件を修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 4月9日にアップデートがリリース予定
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
「Adobe Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome」へのゼロデイ攻撃が明らかに - 早急に最新版へ更新を