Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クルウィット、NICTの「DAEDALUS」を商用化したアラートサービスを開始

クルウィットは、大規模ダークネット観測網を活用することで組織内で発生した不正通信を早期検知するアラートサービス「SiteVisor」を提供開始した。

同サービスは、情報通信研究機構(NICT)が開発を進めているインシデント分析システム「nicter」の大規模ダークネット観測網を活用した対サイバー攻撃アラートシステム「DAEDALUS」を商用化したもの。

120622cl_01.jpg
NICTが開発した「DAEDALUS」の可視化エンジン

あらかじめ登録した観測対象のIPアドレスから、マルウェアなどによって不正な通信が発信された場合に、日本各地へ分散配置したダークネット観測網で検知し、アラートを送信する。

マルウェアによる不正活動以外にも、DoS攻撃や設定ミスも検知することが可能。機器やアプリケーション、システムの設定変更などは不要で、既存のセキュリティ製品と併用できる。

初期費用が1万500円、月額利用料は1IPアドレスあたり1万5750円から。同社では、サービス開始後1年間に250社の利用を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス