Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生向け合宿イベント「セキュキャン2012」の参加者募集期間が延長

情報処理推進機構(IPA)は、8月に開催を予定している学生を対象とした合宿イベント「セキュリティ・キャンプ中央大会2012」について、応募締切を7月9日に変更した。

同キャンプは、情報セキュリティを中心とした高度なIT技術を持つ人材の発掘や育成を目的に、22歳以下の学生を対象に実施する4泊5日の合宿イベント。第一線で活躍する技術者を講師陣に招き、実践的な演習などを展開する。募集人員は40人程度で、参加費は無料。交通費や食事代も支給される。

当初、参加者募集の締め切りを6月25日としていたが、より広く周知するため、7月9日17時まで延長した。これを受け、審査結果の通知時期も従来の7月上旬から下旬へ変更となっている。

(Security NEXT - 2012/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
日本初となるサイバーセキュリティ日米合同演習を実施 - 経産省
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立