Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Trend Microが偽の「Chromeインストーラ」を確認 - 著名サイトURLを悪用する謎の手口

米Trend Microは、4月下旬以降にGoogleのブラウザである「Chrome」のインストーラを装った不正プログラムが流通していることを明らかにした。配布する際、「facebook」「Google」など著名サイトのURLを悪用する何らかの手法を用いており、調査を行っている。

同社が、セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」で処理したデータを調査したところ、一見ブラウザのインストーラに見せかけた不正ファイル「ChromeSetup.exe」を確認したもの。

同マルウェアは、感染端末の情報を収集し、外部へ送信する「BANKERファミリー」の亜種で、ブラジル国内のユーザーや銀行を狙った攻撃と見られている。

さらに端末内のデータ収集にくわえ、銀行が利用者へ提供するセキュリティ対策ソフトをアンインストールさせ、偽サイトへ誘導するための設定ファイルをダウンロードする機能も備えている。現在も開発が進められており、今後さらなる亜種が登場する可能性があると同社は指摘している。

さらに注目すべきポイントとして、今回の感染活動では、マルウェア配布時に「www.facebook.com」「google.com.br」「br.msn.com」など、正規サイトのドメインを悪用しつつも、正規のIPではなく、マルウェアに感染するIPに誘導していたという。具体的にどのような手法を用いたかは判明しておらず、同社では引き続き調査を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2012/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を