Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、プライバシーポリシー変更するグーグルに「法令遵守」と「わかりやすい説明」求める

グーグルがあたらしいプライバシーポリシーへ変更する問題で、国内利用者へ大きな影響を及ぼすとして、政府は法令遵守やわかりやすい説明など実施するよう同社に通知した。

グーグルでは、これまでサービスごとに個人情報を収集していたが、3月1日より全サービスのプライバシーポリシーを統一することを発表している。

あたらしいプライバシーポリシーのもとでは、検索キーワードといった利用ログをはじめ、氏名や電話番号、クレジットカード、端末情報、位置情報など多岐にわたる情報が関連づけて管理されるため、すでに欧米で懸念の声が上がっており、政府として同社へ慎重な対応を要請したもの。

今回の要請で、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を利用しないことをはじめ、個人データを第三者へ提供しないこと、範囲を超える場合については、あらかじめ本人の同意を取得するなど、個人情報保護法の遵守を徹底するよう求めた。

また電気通信事業法における「通信の秘密の保護」についても遵守するよう通知しており、利用者に対してプライバシーポリシーやサービスのわかりやすい説明をすることが重要であると指摘、適切なサービスの提供を求めている。

(Security NEXT - 2012/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
業務で入手した個人情報で電話した職員を処分 - 郡山市
DV被害者情報含む書類が所在不明、5カ月後に判明 - 神奈川県
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて