Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、プライバシーポリシー変更するグーグルに「法令遵守」と「わかりやすい説明」求める

グーグルがあたらしいプライバシーポリシーへ変更する問題で、国内利用者へ大きな影響を及ぼすとして、政府は法令遵守やわかりやすい説明など実施するよう同社に通知した。

グーグルでは、これまでサービスごとに個人情報を収集していたが、3月1日より全サービスのプライバシーポリシーを統一することを発表している。

あたらしいプライバシーポリシーのもとでは、検索キーワードといった利用ログをはじめ、氏名や電話番号、クレジットカード、端末情報、位置情報など多岐にわたる情報が関連づけて管理されるため、すでに欧米で懸念の声が上がっており、政府として同社へ慎重な対応を要請したもの。

今回の要請で、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を利用しないことをはじめ、個人データを第三者へ提供しないこと、範囲を超える場合については、あらかじめ本人の同意を取得するなど、個人情報保護法の遵守を徹底するよう求めた。

また電気通信事業法における「通信の秘密の保護」についても遵守するよう通知しており、利用者に対してプライバシーポリシーやサービスのわかりやすい説明をすることが重要であると指摘、適切なサービスの提供を求めている。

(Security NEXT - 2012/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大