Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、プライバシーポリシー変更するグーグルに「法令遵守」と「わかりやすい説明」求める

グーグルがあたらしいプライバシーポリシーへ変更する問題で、国内利用者へ大きな影響を及ぼすとして、政府は法令遵守やわかりやすい説明など実施するよう同社に通知した。

グーグルでは、これまでサービスごとに個人情報を収集していたが、3月1日より全サービスのプライバシーポリシーを統一することを発表している。

あたらしいプライバシーポリシーのもとでは、検索キーワードといった利用ログをはじめ、氏名や電話番号、クレジットカード、端末情報、位置情報など多岐にわたる情報が関連づけて管理されるため、すでに欧米で懸念の声が上がっており、政府として同社へ慎重な対応を要請したもの。

今回の要請で、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を利用しないことをはじめ、個人データを第三者へ提供しないこと、範囲を超える場合については、あらかじめ本人の同意を取得するなど、個人情報保護法の遵守を徹底するよう求めた。

また電気通信事業法における「通信の秘密の保護」についても遵守するよう通知しており、利用者に対してプライバシーポリシーやサービスのわかりやすい説明をすることが重要であると指摘、適切なサービスの提供を求めている。

(Security NEXT - 2012/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携