Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティベンダーとAndroidマーケットでマルウェアの判断に食い違い

シマンテックは、1月27日にAndroidマーケットでマルウェア「Android.Counterclank」を発見したと発表した。運営者であるGoogleは、規約違反はないと判断して引き続き公開しており、判断がわかれている。

シマンテックがマルウェアとして公表したのは、メインのアプリケーションにデータ送信や外部からのコマンドを受け付けるコードが追加されたアプリ。

同社が以前マルウェアとして対応した「Android.Tonclank」のコードが一部修正されたものを含み、ボット型のトロイの木馬「Android.Counterclank」として対応した。

すでにダウンロードは数百万単位に及び、同社では「2012年に入ってもっとも多くダウンロードされているマルウェア」と述べている。

(Security NEXT - 2012/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も