Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策は自動車にたとえると「シートベルト」と同じ - 官房長官

藤村修官房長官は、2月の情報セキュリティ月間を迎えるにあたり、あらためて国民にセキュリティ対策を呼びかけた。

長官は31日の定例記者会見で、2011年よりサイバー攻撃が表面化するなど情報セキュリティ上の懸念が高まっているとし、政府としてしっかり対策を取っていく必要があるが、国民1人ひとりが認識を深め、適切に対応して行くことが不可欠であると指摘した。

長官は、情報セキュリティ対策を自動車のシートベルトにたとえ、「パソコンやスマートフォンを使うときに忘れてはならないもの」として、セキュリティ対策ソフトの導入、ソフトの更新、適切なパスワードの利用など対策を呼びかけた。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋