Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

各省庁にセキュリティ専門チームを設置 - 調達先にもセキュリティ対策求める

政府の情報セキュリティ政策会議は24日、政府にセキュリティ責任者を設置し、各省庁にもセキュリティ専門チームの設置する方針を決めた。調達先に対してもセキュリティ対策を求めていく。

標的型攻撃の顕在化などを受けて、情報セキュリティ対策推進会議に設置された「官民連携の強化のための分科会」にて検討し、対策を取りまとめたもの。

政府として一元的に脅威へ対応するため、CISOを設置。内閣官房情報セキュリティセンター長が就任し、緊急時などにも対応にあたるという。さらに各省庁に緊急時対応が行えるセキュリティ専門チーム「CSIRT」を設置し、各組織間で連携を目指す。

また、従来より情報処理業務を外部委託する場合、セキュリティ対策の遵守方法や確認書の提出など求めてきたが、国の安全に関わる情報を扱う契約については、外部委託以外の一般調達についても、契約に情報セキュリティ条項を盛り込み、遵守を求める。

契約のひな形に設けられているセキュリティ条項では、調達先の組織にCSIRTを整備することや、経営責任者の関与と責任の明確化などが要件として盛り込まれている。

(Security NEXT - 2012/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施