Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

釣り情報サイトに不正アクセス - フィッシングの踏み台に悪用される

マリンネットワークスは、同社が運営する海釣り情報サイト「釣りナビくん」が不正アクセスを受けたと発表した。個人情報の漏洩は発生していないという。

同サイトを運営するマリンネットワークスによれば、1月5日に同社が管理するサーバに対し、カナダからの不正アクセスがあり、カナダ国内の金融機関である「TD Canada Trust」を装ったフィッシング攻撃の踏み台に悪用されたという。

同社ではサーバを停止し、第三者機関とともに調査を実施。対策を行ったうえで、1月17日に別のサーバでサイトを再開した。個人情報やクレジットカード情報などは、決済代行会社が管理しているため、今回の不正アクセスによる漏洩はなかったと説明している。

(Security NEXT - 2012/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出