Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイントのセキュリティゲートウェイがAWSに対応 - 2ステップで導入可能

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社のセキュリティゲートウェイが「Amazon Web Services(AWS)」に対応したと発表した。

「Amazon Web Services」において「Check Point Virtual Appliance」を提供するもので、「ファイアウォール」や「IPS」「フィルタリング」「アプリケーションコントロール」「DLP」など必要に応じてセキュリティ機能を導入し、クラウド環境保護することができる。

利用にあたっては、「AWS」で「Check Point Virtual Appliance」をクリックし、機能ごとに用意された「Software Blade」を有効にすることにより導入できる。またログやレポートは、ローカル環境との統合管理に対応している。

「Software Blade」は同社パートナーを通じて販売するとしており、既存製品と同様のライセンス価格にて提供する。

(Security NEXT - 2012/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC