Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイントのセキュリティゲートウェイがAWSに対応 - 2ステップで導入可能

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社のセキュリティゲートウェイが「Amazon Web Services(AWS)」に対応したと発表した。

「Amazon Web Services」において「Check Point Virtual Appliance」を提供するもので、「ファイアウォール」や「IPS」「フィルタリング」「アプリケーションコントロール」「DLP」など必要に応じてセキュリティ機能を導入し、クラウド環境保護することができる。

利用にあたっては、「AWS」で「Check Point Virtual Appliance」をクリックし、機能ごとに用意された「Software Blade」を有効にすることにより導入できる。またログやレポートは、ローカル環境との統合管理に対応している。

「Software Blade」は同社パートナーを通じて販売するとしており、既存製品と同様のライセンス価格にて提供する。

(Security NEXT - 2012/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も