Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生名簿など含むPCがベルギーで盗難 - 東北大

東北大学理学研究科の教員が、出張先のベルギーで盗難に遭い、学生名簿やメール履歴など個人情報含むノートPCが盗まれたことがわかった。

現地時間の12月10日21時45分ごろ、学会出席のため訪れたベルギーのブリュッセル南駅において、切符購入中に鞄ごと盗まれた。現地警察へ被害を届けているが、盗難物は発見されていない。

被害に遭ったPCには、教員が2000年ごろから担当した講義の学生名簿および成績のほか、2007年以降のメール履歴、1990年代からの研究資料、論文などが保存されていた。

これらのデータに含まれる個人情報は最大1700件で、PCにパスワードなどは設定されていないという。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
廃棄伝票が運搬中に落下、一部未回収の可能性 - パロマ
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
委託先が会議出席者名簿を紛失 - 港区
道総研のPCがマルウェア感染 - 外部と不正通信
1年前に医師が患者情報を紛失、匿名で届き発覚 - 広島病院
市立中学で成績情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市