Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生名簿など含むPCがベルギーで盗難 - 東北大

東北大学理学研究科の教員が、出張先のベルギーで盗難に遭い、学生名簿やメール履歴など個人情報含むノートPCが盗まれたことがわかった。

現地時間の12月10日21時45分ごろ、学会出席のため訪れたベルギーのブリュッセル南駅において、切符購入中に鞄ごと盗まれた。現地警察へ被害を届けているが、盗難物は発見されていない。

被害に遭ったPCには、教員が2000年ごろから担当した講義の学生名簿および成績のほか、2007年以降のメール履歴、1990年代からの研究資料、論文などが保存されていた。

これらのデータに含まれる個人情報は最大1700件で、PCにパスワードなどは設定されていないという。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大