Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Excelの既知の脆弱性を悪用するエクスプロイトを確認 - NTTデータ先端技術

NTTデータ先端技術は、「Excel」における既知の脆弱性「CVE-2011-0105」を悪用するエクスプロイトコードが出回っているとして注意を呼びかけている。

同脆弱性は、「Excel」の変数初期化処理における不具合。細工されたExcelファイルを閲覧した場合など、脆弱性が悪用されると変数が正しく初期化されずにバッファオーバーフローが発生、リモートでコードを実行されるおそれがある。

日本マイクロソフトでは、4月に公開したセキュリティ更新プログラム「MS11-021」ですでに対応済み。公開当時の深刻度は「重要」で、「CVE-2011-0105」の悪用も確認されていなかった。

NTTデータ先端技術によれば、最近になって同脆弱性を悪用するエクスプロイトコードの公開を確認。脆弱性の検証を実施し、脆弱性の悪用が容易となり、悪用される可能性が高まったとして、セキュリティ更新プログラムの適用など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す