Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、開発者向けに「ソースコードセキュリティ検査」のレポートを公開

情報処理推進機構(IPA)は、ソフトウェアなどの脆弱性低減を目指した活動の一環として、「ソースコードセキュリティ検査」の有効性や重要性について解説したレポートを公開した。

同資料は、ソースコード中に存在する脆弱性を検出する「コードセキュリティ検査」の技術的な解説をはじめ、検査が有効な場面や、実施した事例などを紹介した開発現場の関係者向けレポート。

同機構の調査では、開発現場において「脆弱性診断」の実施率は、約54%だったが、「コードセキュリティ検査」は約16%と導入が進んでいないという。同機構では、レポートの提供を通じて、検査の有効性や重要性などを広く訴える。

(Security NEXT - 2011/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに