Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、開発者向けに「ソースコードセキュリティ検査」のレポートを公開

情報処理推進機構(IPA)は、ソフトウェアなどの脆弱性低減を目指した活動の一環として、「ソースコードセキュリティ検査」の有効性や重要性について解説したレポートを公開した。

同資料は、ソースコード中に存在する脆弱性を検出する「コードセキュリティ検査」の技術的な解説をはじめ、検査が有効な場面や、実施した事例などを紹介した開発現場の関係者向けレポート。

同機構の調査では、開発現場において「脆弱性診断」の実施率は、約54%だったが、「コードセキュリティ検査」は約16%と導入が進んでいないという。同機構では、レポートの提供を通じて、検査の有効性や重要性などを広く訴える。

(Security NEXT - 2011/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増