Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブックオフのサイト、修正3日後に再び改ざん - 閲覧者にマルウェア感染のおそれ

ブックオフコーポレーションのウェブサイトが不正アクセスを受け、相次いで改ざんが発生した。改ざんされたページを閲覧した場合、マルウェアに感染するおそれがあった。

最初に改ざんが発生したのは10月14日未明。利用者の指摘を受けて修正した17日10時過ぎまで、トップページをはじめ「店舗検索」「BOOKOFF SUPER BAZAAR紹介」などのページが改ざんされた状態となった。

同社は修正した上でウェブサイトを再開。19日に改ざんについて公表し、修正が完了したことをアナウンスしていたが、20日20時前から翌21日9時過ぎにかけて再び改ざんが発生したという。改ざんされたページを閲覧した場合、トロイの木馬「TROJ_FAKEAV」に感染する可能性がある。

同社ではウェブサイトのメインテナンスを実施しており、10月31日より再開する予定。信販売サイト「BOOKOFF Online」については影響ないと説明している。

(Security NEXT - 2011/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ