Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPhone 5GS発売」と騙しマルウェアへ感染させるスパムに注意 - Macには感染せず

複数セキュリティベンダーが、Appleの最新スマートフォンに便乗したスパムが発生しているとして、注意を呼びかけている。

111004fs_01.jpg
F-Secureが発見したスパムメール

問題のスパムは、Appleが10月4日の製品発表イベントで発表すると憶測が出ている「iPhone」最新機種の話題に便乗したもの。「金曜日にiPhone 5GSが発売」などと騙してユーザーに興味を持たせ、リンクをクリックさせる手口だった。

誤ってリンクをクリックすると不正サイトへ誘導され、実行ファイル「iphone5.gif.exe」がダウンロードされる。

同プログラムはボットで、誤ってファイルを開いて感染すると、IRC経由で遠隔からコントロールされ、情報漏洩など被害が発生する可能性がある。「Windows」プラットフォームをターゲットとしており、同じAppleが提供する「Mac OS X」には感染しないという。

同プログラムを検知したセキュリティベンダーのSophosでは「Mal/Zapchas-A」、F-Secureでは「IRC-Worm.Generic.2106」として対応。各社不審メールへの注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査