Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺が過去最高、動的に誘導先を変更する手口も - セキュアブレインレポート

セキュアブレインは、7月に同社が検知した不正サイトの状況について取りまとめた。ワンクリック詐欺サイトと不正攻撃サイトが目立った増加を見せている。

110831sb_01.jpg
検知数推移(グラフ:セキュアブレイン)

レポートによれば、同社が7月に「危険」と判定したサイトは4427件で、目立った減少を見せた6月の3950件から再び増加に転じた。

脅威別に見ると、ワンクリック詐欺サイトが2298件で前月の1875件から大幅に増加。統計開始以来高い数値を記録した。特定サイトからアクセスするたびに異なる詐欺サイトへリダイレクトする手法が確認された。

PCやクッキー、ブラウザのバージョンなどにより動的に変更を加えており、リダイレクト先として3種から4種のワンクリック詐欺サイトへ誘導していた。こうした行為は、ブラックリストへ登録されことを逃れる行為と見られている。

不正改ざんサイトは180件で前月より減少したが、被害サイトの内訳に動きがあった。個人サイトが66.4%、企業サイトが30.1%となり、個人が企業を大きく上回っている。ドライブバイダウンロード攻撃の割合は54.4%で、前月より後退した。

また埋め込まれる不正コードが動的に変化し、未知の不正プログラムをインストールするあらたな攻撃を7月に確認。攻撃者が金銭を要求する脅迫メールを送信したケースも報告されている。

(Security NEXT - 2011/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス
急増するTLD、一部は危険サイトの巣窟に
国内法人でランサムウェアの被害が深刻化 - 共有ファイルが人質に