Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去3年の入試結果など含む記録媒体が7月に盗難被害 - 法政二中

法政大学第二中学校において、7月に盗難が発生し、過去3年間の入試結果や在学生の試験結果などが保存された記録媒体が被害に遭っていたことがわかった。

同校によれば、7月26日夕方から翌27日早朝にかけて、校内にある入試広報委員会室から現金とともに記録メディアが持ち去られたもの。

被害に遭ったメディアには、2009年から2011年の3年間に同校の入学試験を受けた2915人分の氏名と点数、および2005年から2010年の在学生1180人分の成績データなどが保存されていた。

同校では、被害届を提出。対象となる関係者に説明と謝罪の文書を順次送付するなど対応を行っている。また防犯カメラの増設や防犯システムの強化など再発防止策に取り組むという。

(Security NEXT - 2011/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル