Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クオリティ、PC内の個人情報をサーバに集約してポリシー設定できる新製品

クオリティソフトは、クライアントPC経由の情報漏洩を防止するソフトウェア「Quality Gather & Guard Ver.1.0」を発売した。

同製品は、クライアントPC内の散在する機密情報や個人情報といった重要データを、自動的にサーバ上へ集約できるソフトウェア。クライアントPC上には、集約されたファイルへアクセスするためのショートカットが作成される。

集約したファイルに対しては、「メール添付不可」「ウェブ利用不可」「コピー不可」「印刷不可」といったポリシーを自動的に設定することが可能。申請によりデータを取り出すことができ、指定したUSBメモリに書き出すことで、編集作業をメモリ内に限定することが可能。

価格はオープンプライス。100クライアント導入時の市場予想価格は105万7350円。同社では今後1年に2万本を出荷する見込みで、1億4000万円の売上を目指している。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
日本ユニシス、撮影映像を記録しない映像解析サービス
TKC、マイナンバーカードを社内業務で活用
DNP、マイナンバーカードのデータ取得用ミドルウェアを開発
東芝テックら、マスク機能を備えた電子レシートの実証実験を開始
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ