Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クオリティ、PC内の個人情報をサーバに集約してポリシー設定できる新製品

クオリティソフトは、クライアントPC経由の情報漏洩を防止するソフトウェア「Quality Gather & Guard Ver.1.0」を発売した。

同製品は、クライアントPC内の散在する機密情報や個人情報といった重要データを、自動的にサーバ上へ集約できるソフトウェア。クライアントPC上には、集約されたファイルへアクセスするためのショートカットが作成される。

集約したファイルに対しては、「メール添付不可」「ウェブ利用不可」「コピー不可」「印刷不可」といったポリシーを自動的に設定することが可能。申請によりデータを取り出すことができ、指定したUSBメモリに書き出すことで、編集作業をメモリ内に限定することが可能。

価格はオープンプライス。100クライアント導入時の市場予想価格は105万7350円。同社では今後1年に2万本を出荷する見込みで、1億4000万円の売上を目指している。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ