Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漏洩事件増加でDBセキュリティ団体が緊急提言 - 「DB管理再考を」

データベース・セキュリティ・コンソーシアムは、オンラインサービスにおけるデータベースと機密情報の保護について再考を促す緊急提言を発表した。

同提言では、企業におけるITへの依存度が高まり、データの保有量も増加する一方で、価値が高い情報が売買するといった不正行為や、企業の信頼を失墜させる攻撃の発生など、データベースが攻撃の標的となっており、リスク対策が重要なテーマであると指摘。

情報漏洩事件や事故の増加なども報告されており、境界線防御についても限界を迎えていることから、最近の動向を踏まえ、データベース管理策の見直しを呼びかける提言を取りまとめた。

事業者にリスクやデータベースに対する攻撃のシナリオなどを整理。攻撃手法の巧妙化や従来対策の限界と行った認識すべきポイントをはじめ、不正アクセス検知や脆弱性管理など管理策見直しに向けた技術的な提言を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2011/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Windowsの「Jet DBエンジン」にゼロデイ脆弱性 - 報告後120日経過、ZDIが公表
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる
「Movable Type」旧版、ライブラリに起因するXSS脆弱性 - 2016年に修正済み
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連