Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漏洩事件増加でDBセキュリティ団体が緊急提言 - 「DB管理再考を」

データベース・セキュリティ・コンソーシアムは、オンラインサービスにおけるデータベースと機密情報の保護について再考を促す緊急提言を発表した。

同提言では、企業におけるITへの依存度が高まり、データの保有量も増加する一方で、価値が高い情報が売買するといった不正行為や、企業の信頼を失墜させる攻撃の発生など、データベースが攻撃の標的となっており、リスク対策が重要なテーマであると指摘。

情報漏洩事件や事故の増加なども報告されており、境界線防御についても限界を迎えていることから、最近の動向を踏まえ、データベース管理策の見直しを呼びかける提言を取りまとめた。

事業者にリスクやデータベースに対する攻撃のシナリオなどを整理。攻撃手法の巧妙化や従来対策の限界と行った認識すべきポイントをはじめ、不正アクセス検知や脆弱性管理など管理策見直しに向けた技術的な提言を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2011/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「Adobe Connect」に認証回避のおそれ
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
「Spring Data Commons」脆弱性、PoCで悪用容易 - 「Spring Framework」利用者は注意を
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
会員約24万件のアカウント情報が外部データと一致 - プレミアム・アウトレット
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
「プレミアム・アウトレット」の一部メルマガ会員情報が流出か - 使い回しパスワードに注意を
Cisco製スイッチ設定ツールに攻撃受けるおそれ - 国レベルの攻撃で悪用、複数国で被害