Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業の73%が2010年に情報漏洩を経験 - 4割弱が漏洩情報特定できず

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、日本を含む5カ国の企業のITセキュリティに関する調査を行い、結果を取りまとめた。

同調査は、調査会社Ponemon Instituteが実施したもので、米国、英国、フランス、ドイツ、日本における企業のITセキュリティ管理者2400人以上を対象に調べた。日本については350人以上を調査対象としている。

レポートによれば、2010年に情報漏洩を経験した日本企業は73%。そのうち漏洩した情報の特定ができなかった割合は38%で、これは調査国のなかでもっとも高い割合だったという。

漏洩した情報で目立ったのは「消費者の個人情報」で52%に上っている。僅差で「顧客情報(50%)」となり、「従業員情報(34%)」「知的財産(28%)」「事業計画(22%)」と続いた。

漏洩の原因については、「デバイスの紛失や盗難」が最多。「セキュリティが不十分なモバイル・デバイス」「ネットワークへの攻撃」「ウェブ2.0アプリケーションやファイル共有アプリケーション」「電子メールの誤送信」と続いているという。

また回答者の32%は、「従業員のセキュリティやコンプライアンス、ポリシーに対する意識が非常に低い、または全く意識していない」と回答していた。

(Security NEXT - 2011/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず