Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月はフィッシングサイトが急増 - 国内企業のサイト内に設置されるケースも

フィッシング対策協議会は、5月に報告を受けたフィッシングの状況について取りまとめた。1度の攻撃で複数のサイトが設置されるケースが目立っている。

レポートによれば、5月に寄せられたフィッシングメールの報告件数は38件で、前月より14件増加した。

5月に大きな動きが見られたのは、フィッシングサイトのユニークURL件数。前月から290件増加し、314件となった。直近1年で50件を超えたのは84件確認された2010年6月のみで、前月も24件と落ち着きを見せていたが、急激に増加した。

1度のフィッシング攻撃で複数のフィッシングサイトが用いられており、国内企業のサイト内に米国や英国の金融機関を装ったフィッシングサイトが設置された事例も複数確認されている。

ブランド名を悪用された企業も前月から34件増加して43件となった。5月16日には、マスターカードを騙るフィッシングサイトに関する緊急情報が公開されている。

(Security NEXT - 2011/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か