Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃棄業者の収集車から個人情報含む書類が散乱 - 横浜市

横浜市は、水道局において個人情報含む検針関連書類を路上へ一時散乱させたと発表した。書類は回収したが、ほかに紛失した書類がないか確認している。

市が検針業務を委託している関東サービス工社が書類の処分を委託した廃棄業者が、3月30日15時35分ごろ、書類をごみ収集車の荷台に積んで運搬。その際、収集車後方のごみ投入口が壊れており、書類が落下、路上に散乱したという。

散乱した書類は、最大1612人分の氏名、顧客番号、利用水量などが記載された検針データチェックリスト124枚や、最大810人分の氏名、住所、顧客番号が記載された再調査チェックリスト90枚だという。

同日16時過ぎに住民からの連絡で判明し、職員が書類の回収にあたった。19時20分までに回収し、翌日も付近の再捜索を行ったがあらたな書類の発見はなかったという。またほかに紛失した書類がないか確認している。

同市では対象となる顧客に謝罪するとともに、業者へ再発防止や適正な処分の実施を行うよう指導を行ったという。

(Security NEXT - 2011/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
路上で転倒し個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
中学校教諭が生徒の個人情報など山林に不法投棄 - 千葉市
帳票を手で破り指定外ゴミ袋で廃棄、回収されず散乱 - NTT西日本委託先
NTTコムなど通信サービスの申込書が運搬中に高速道路へ散乱
保育所職員が個人情報含む書類を誤って古紙回収に出し路上に散乱 - 大阪市
個人情報含む廃棄書類が運搬中に落下し散乱 - 横浜市
2400枚以上のATMレシートが路上へ散乱 - 広島信金
生徒の個人情報含む書類を車上に乗せたまま走行 - 広島の学習塾
シュレッダー処理せずに廃棄した顧客資料がごみ置き場に一時散乱 - 東京海上日動