Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓国内で政府や金融機関、有名サイトにDDoS攻撃 - 原因はP2Pサイトで拡散したマルウェア感染PC

韓国内において、マルウェアが原因の大規模なDDoS攻撃が発生した。政府や関連組織、ポータル、金融機関、公共インフラ、ゲームサイトなど幅広い組織のウェブサイトが攻撃対象となっている。

アンラボによれば、今回発生したDDoS攻撃は3月4日10時に29サイトで発生。マルウェアは、韓国のP2Pサイトのアップデートファイルや、アップロードされた一部ファイルにより、3月3日7時から9時ごろにかけて拡散し、感染パソコンから、一斉に攻撃が行われたという。

韓国の大統領府や国会、警察庁のほか、軍関係や緊急機関、「NAVER」「ハンゲーム」など国内ユーザーにもなじみがある企業のサイトが攻撃対象となった。また同社の韓国法人も攻撃対象となっていた。

影響があるマルウェアは6種類で、感染したパソコン数は韓国内で6779台が確認されており、同日18時半以降には40サイトを攻撃するようプログラムされており、影響が懸念されている。

同社では、韓国の機関と合同で対応を進めており、専用のワクチンを無料で配布している。また3月4日14時現在、日本に対する攻撃や日本国内のユーザーにおける感染は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2011/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Trend Micro CTF 2017、エジプトチームが優勝
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
攻撃グループ「Lazarus」の「WannaCrypt」関与であらたな証拠 - 関連ツールが共通のC2サーバを利用
5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか
SECCON 2016決勝、存在感見せつけたアジア勢
標的型攻撃メールが約6分の1に - 正規証明書でコード署名されていたケースも
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
ネットバンキング狙うマルウェア、前四半期比4倍に - 過去最悪
「Trend Micro CTF 2016」、台湾チームが優勝
約20人に1人がランサムウェアに遭遇 - 日本が2四半期連続でトップ