Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

jpドメインの累計登録数が120万件を突破

日本レジストリサービス(JPRS)は、jpドメイン名の累計登録数が初めて120万件を突破したと発表した。

同社によれば、2月1日現在の累計登録数は120万2256件。2000年12月の同社設立後、翌年2月より汎用jpドメイン名の導入。当時の約24万件から10年で約5倍へと増加した。

同社では「co.jp」をはじめとする属性型JPドメイン名についても堅調に推移しているとしており、登録数は40万件超。一部上場企業の登録率は99%以上だという。

「jpドメイン」については、マカフィーのウェブサイトに関する安全性調査で、2009年、2010年にもっとも安全な国別ドメインであると評価されている。

(Security NEXT - 2011/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JPドメイン名紛争処理方針」を改訂 - JPNIC
ネットバンク利用者狙う「WERDLOD」 - 感染後常駐しない「設定変更型」
JPRS、年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2011」を公開
ラック、国内で完結した新型標的型攻撃を確認 - URLフィルタリングによる遮断も無力化
「BIND 9」にサービス拒否の深刻な脆弱性 - 「同9.7.3」へのアップデートを
JPRS、DNS応答の偽造防止する「DNSSEC」を導入
JPドメインのDNSSEC導入は2011年1月から
フィッシング対策として海外ではドメインごとリダイレクトする試み - 一方で対応の難しさも
2010年をめどにJPドメインへ「DNSSEC」を導入 - JPRS
偽セキュリティソフトの販売サイトが増殖 - 「ターゲットは日本」