Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋葉原路上で海賊版販売した男女3人が逮捕

警視庁は、秋葉原電気街の路上でソフトウェアの海賊版を販売していた男女3人を1月30日に逮捕し、2月1日に送検した。

2010年10月24日に秋葉原の路上においてチラシを配布し、注文を取った上で「Adobe Photoshop Lightroom 3」のCD-Rを5000円で販売したり、販売目的で無断に複製したCD-Rを所有した容疑が持たれている。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、1月30日の家宅捜索で台東区のアパートから海賊版が押収された。130種類の海賊版を扱っており、3000円から2万円で販売されていたと見られている。

(Security NEXT - 2011/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
Linuxに感染する「Mumblehard」 - 少なくとも5年前から活動
「ニセモノは、かわいくない!」 - 特許庁が海賊版撲滅キャンペーン
「なりすましサイト」に注意、放置すれば売上減少やクレーム殺到も
ハロウィンの便乗詐欺サイトが登場 - 年末年始も注意を
「Office」の海賊版を販売した夫婦を逮捕