Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トークン化や暗号化など統合したカード事業者向けソフト - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、クレジットカード情報を取り扱う事業者向けに、データ保護ソリューション「RSA Data Protection Manager」を12月1日より提供開始する。

同製品は、クレジットカード番号をトークン化した情報としてシステム上で取り扱い、リスクの低減をはかるセキュリティソリューション。従来より提供している「PCI DSS準拠支援サービス」を機能強化し、ソフトウェアとして製品化した。

同製品では、トークン化機能では、クレジットカード情報をランダムな番号へ置き換えるため、PCI DSSの審査対象外とすることが可能。さらにカード情報など暗号化して集中管理したり、暗号鍵の管理が行える。

またアプリケーションごとに実行権限の設定や管理を行ったり、トークン化したデータや暗号鍵のライフサイクルを管理することが可能。またトークン化用テンプレートの標準で用意しており、PCI DSSへ準拠する際の開発工数などを縮小できる。

(Security NEXT - 2010/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口