Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、権限分掌や委譲などより柔軟になったアクセス管理製品 - 外部クラウドとのSSO連携製品も

CA Technologiesは、シングルサインオンなど実現するアクセス管理製品の最新版「CA SiteMinder r12 SP2」および「CA Federation Manager r12.1」を9月30日より提供開始する。

100902ca2.jpg
記者発表会で説明を行ったプロダクトマーケティングマネージャーの金子以澄氏

「CA SiteMinder r12 SP2」は、複数のウェブシステム間のシングルサインオンを実現する認証基盤ソリューション。エージェント型システムおよびリバースプロクシ型システム、いずれも対応している。

最新版では、アプリケーションレベルやロールべースなどより細かいポシリー管理が可能で、権限の分掌や委譲などより柔軟に制御することが可能。さらにレポート機能を追加しており、同社ログ管理製品などで分析が行える。またInfomation Card認証連携が可能となったほか、認証情報の暗号化を強化しており256ビットAESを採用している。

一方「CA Federation Manager r12.1」は、「SAML」や「WS-Security」「ADFS」など複数のフェデレーション標準をサポートしており、セキュリティドメインを越えるウェブシステムにおいてシングルサインオンを可能にする製品。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
デジタルアーツ、「FinalCode」のAD連携を強化
クラウド認証サービス「Gluegent Gate」が「Box」対応
HDE、クラウド向けセキュリティ強化サービスでサポート対象を拡充
クラウドとオンプレミスのログイン認証を一元管理する「RSA Via Access」
GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供