Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、ライブラリロード時の脆弱性でアドバイザリ - プログラミングに起因、同社アプリへの影響は調査中

マイクロソフトは、一部アプリケーションにおいて、外部ライブラリのロードする際に脆弱性が含まれているとする調査が発表されたことを受け、セキュリティアドバイザリを公表した。サードパーティへ対策を呼びかけるとともに、自社アプリケーションに脆弱性が含まれているか調べている。

同社では今回明らかになったセキュリティ上の問題について、安全ではないプログラミングに起因すると説明。アプリケーションが不適格なパスを通すことが原因で、「バイナリの植え付け」や「DLLのプリロード攻撃」が発生するという。

脆弱性が含まれるアプリケーションで、リモートファイルシステム上からファイルをロードした場合、コードが実行されるおそれがあるため、同社ではサードパーティの開発者向けに脆弱性を回避するためのガイダンス「Dynamic-Link Library Security」を公開した。

また「マイクロソフト脆弱性調査プログラム」を通じて、サードパーティと連絡を取り、オペレーティングシステムで利用可能な回避策を通知しているほか、同社アプリケーションが脆弱性の影響を受けるか調査を進めている。

(Security NEXT - 2010/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性