Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害で不正コード含むバナーを複数サイトで表示 - インプレスグループ会社

インプレスビジネスメディアが不正アクセスの被害に遭い、運営する複数のウェブサイトで、不正なコードを含む広告バナーが一時表示されていたことがわかった。

影響を受けたサイトは、同社が運営する「Think IT」「Web担当者Forum」「IT Leaders」「データセンター完全ガイド」「レンタルサーバー完全ガイド」の5サイト。同社によれば、7月19日深夜に広告配信システムが外部より不正アクセスを受け、同日23時22分から翌20日0時25分にかけて、不正なコードを含むバナーが配信されたという。

期間中に問題のバナーを、「Internet Explorer」を利用しているなど特定条件下で表示した場合、トロイの木馬へ感染するおそれがあった。同社では心当たりがある利用者に対し、ウイルス感染のチェックを実施するよう呼びかけている。

また今回の不正アクセスによる個人情報漏洩への影響については、不正アクセスを受けた広告配信システムに個人情報は含まれていないとし、可能性を否定している。

(Security NEXT - 2010/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市