Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Safari」のWindows版に脆弱性 - 不正ページ閲覧でコード実行のおそれ

米Appleが提供するブラウザ「Safari」のWindows版に脆弱性が含まれていることがわかった。情報処理推進機構(IPA)などセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「Safari 4.0.5」の「windowオブジェクト」の参照処理に問題があることが確認されたもの。削除されたwindowオブジェクトに対してJavaScriptから不正に参照できるため、細工を施されたウェブページへアクセスした場合に任意のコードが実行されるおそれがある。

脆弱性を悪用するコードが公開されているが、現段階でアップデートはAppleから提供されておらず、セキュリティ期間などは攻撃を防ぐために「JavaScript」を無効にするなど対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性