Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィンガープリントと記載内容から検出可能、10万人規模まで対応するDLP - RSA

RSAセキュリティは、企業向け情報漏洩対策スイート「RSA Data Loss Prevention」を5月31日より提供開始する。

同製品は、組織内部における個人情報や機密情報の利用状況を監視し、ポリシー違反を行ったユーザーに対する警告や操作の制限、対策状況の確認やポリシーの一元管理が行えるセキュリティソリューション。

データセンター向けの「DLP Datacenter」、ネットワーク上の漏洩を防止するアプライアンス「DLP Network」、エンドポイントにおいてエージェントとして動作し、ユーザーの行動を監視する「DLP Endpoint」の3製品を組み合わせた「RSA DLP Suite」はもちろん、それぞれを個別に導入することもできる。

100317rs2.jpg
3製品で構成されている(図:RSA)

(Security NEXT - 2010/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
端末でのコピーや貼り付けも防止するDLP製品 - シマンテック
マカフィー、DLP製品にマイナンバー用テンプレート
マカフィー、DLP製品のラインナップを拡充 - ネットワーク上のデータを監視
データセンターのニーズに対応する「Check Point 13500アプライアンス」
シマンテック、情報漏洩リスク高い内部関係者の異常行動を把握できるDLP製品
DLPソリューションをクラウドで提供 - バーダシス
NTTコム、「Bizマネージドセキュリティサービス」に標的型攻撃対策を追加
IIJのクラウドサービスでチェック・ポイントのゲートウェイが利用可能に