Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

41組織が個人情報を取り扱いながらもSQLインジェクションの脆弱性を放置 - IPAらまとめ

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、2009年第4四半期の脆弱性関連情報の届出状況を取りまとめた。ウェブアプリの深刻な脆弱性が放置されている実態にも触れている。

同レポートによれば、2009年第4四半期の届出件数は、ソフトウェア製品関連が24件、ウェブサイト関連が127件で、いずれも前四半期よりわずかに減少した。

クロスサイトスクリプティングの届け出が一時大幅に増加し、2008年第4四半期には届出件数が1430件を記録したが、同時期をピークに以降は減少傾向が続いている。ウェブサイトに関する届出が全体の83%を占めた。

2004年7月の届出受付開始からの累計は、ソフトウェア製品に関するものが1018件、ウェブサイトに関するものが4959件で合計5977件となった。1就業日あたりの届出件数は4.47件で、前四半期より微減した。

(Security NEXT - 2010/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題