Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始を迎えてシステム管理者やユーザーへ注意喚起 - 経産省

経済産業省は、年末年始にはインターネットを利用する機会が増える一方、そうしたユーザーを狙った攻撃が増加する可能性があるとして、注意喚起を行った。

長期休暇は、サイトの改ざんやグリーティングカードに見せかけたウイルスの送付、不正サイトへの誘導など攻撃が増加する季節であるとして注意喚起を行ったもの。

システムの管理者に対しては、ウェブサイトにおける脆弱性の解消や、ウェブサイトの安全性、休暇中の連絡体制の確認など呼びかけた。また一般利用者に対しても、最新のセキュリティ更新プログラムを適用したり、ウイルス定義ファイルの適用、不審メールへの警戒など注意を促している。

(Security NEXT - 2009/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
総務省、重要IoT機器の脆弱性調査を実施 - 脆弱な機器の所有者へ注意喚起も
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中