Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵送された住民票の写し交付請求書を紛失 - 大阪市

大阪市市民局郵送事務処理センターにおいて、住民票の写し交付請求に関連する書類が受領後に所在不明となっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、請求者であるクレジット会社から郵送された住民票の写し交付請求に関する書類。クレジット会社の顧客1人の氏名、住所、電話番号、生年月日、および請求担当者1人の自動車運転免許証と社員証の写しなどが含まれる。本籍は塗りつぶしてあった。

10月26日、請求した住民票の写しが返送されていないとの指摘があり、調査を実施。郵便局の記録では10月7日に同センターが受領していたが、処理された形跡はないことから紛失と断定。センター内の捜索を行ったが発見できなかった。

同市では、請求者および請求者の顧客に対し、直接訪問して説明と謝罪を行うなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も