Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵送された住民票の写し交付請求書を紛失 - 大阪市

大阪市市民局郵送事務処理センターにおいて、住民票の写し交付請求に関連する書類が受領後に所在不明となっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、請求者であるクレジット会社から郵送された住民票の写し交付請求に関する書類。クレジット会社の顧客1人の氏名、住所、電話番号、生年月日、および請求担当者1人の自動車運転免許証と社員証の写しなどが含まれる。本籍は塗りつぶしてあった。

10月26日、請求した住民票の写しが返送されていないとの指摘があり、調査を実施。郵便局の記録では10月7日に同センターが受領していたが、処理された形跡はないことから紛失と断定。センター内の捜索を行ったが発見できなかった。

同市では、請求者および請求者の顧客に対し、直接訪問して説明と謝罪を行うなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも