Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

伊那市内で職員がひったくり被害、顧客情報奪われる - 長野銀

長野銀行の職員が、外出先でひったくりの被害に遭い、顧客情報を強奪されたことがわかった。

10月5日10時20分ごろ、営業のため外出していた同行職員が伊那市内で、営業用鞄を何者かに奪われたもの。持ち去られた鞄には、定期預金の口座明細票が入っており、109件の顧客情報が含まれる。

同書類には、氏名、住所、電話番号のほか、預金額や預金日、満期日といった取引情報が記載されていた。同行では警察へ被害を届けており、関連する顧客に対しても事情の説明を行っている。

長野銀行
http://www.naganobank.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
不正アクセスでクレカ情報流出のおそれ - モーターマガジン社
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大