Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

伊那市内で職員がひったくり被害、顧客情報奪われる - 長野銀

長野銀行の職員が、外出先でひったくりの被害に遭い、顧客情報を強奪されたことがわかった。

10月5日10時20分ごろ、営業のため外出していた同行職員が伊那市内で、営業用鞄を何者かに奪われたもの。持ち去られた鞄には、定期預金の口座明細票が入っており、109件の顧客情報が含まれる。

同書類には、氏名、住所、電話番号のほか、預金額や預金日、満期日といった取引情報が記載されていた。同行では警察へ被害を届けており、関連する顧客に対しても事情の説明を行っている。

長野銀行
http://www.naganobank.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック