Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション攻撃がわずか4カ月で約25倍に - IPA調査

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトを狙った攻撃が6月以降急増しているとして、脆弱性検査や必要に応じて対策を講じるよう注意を呼びかけている。

同機構が運営するウェブサイト「JVN iPedia」に対する攻撃の形跡についてログの調査を実施したところ判明したもの。攻撃が成功したケースはなかったが、4カ月で1944件の攻撃の形跡が見つかったという。4月の段階で検知された攻撃は141件だったが、その後急増して7月は974件まで増加した。

なかでもきわだって増加がいたのが「SQLインジェクション攻撃」で、4月の段階では21件だったが、7月には534件とわずか4カ月で25倍まで膨れあがった。またディレクトリトラバーサル攻撃についても、4月の100件から7月には364件まで増加するなど目立っている。

同機構では、従来よりSQLインジェクションをはじめ、主要な不正アクセスの形跡をログから簡易的に調査できるツール「iLogScanner」を提供している。今回の調査も同ツールを活用したもので、ウェブサイトに対する攻撃の検査などを実施して、対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も