Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション攻撃がわずか4カ月で約25倍に - IPA調査

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトを狙った攻撃が6月以降急増しているとして、脆弱性検査や必要に応じて対策を講じるよう注意を呼びかけている。

同機構が運営するウェブサイト「JVN iPedia」に対する攻撃の形跡についてログの調査を実施したところ判明したもの。攻撃が成功したケースはなかったが、4カ月で1944件の攻撃の形跡が見つかったという。4月の段階で検知された攻撃は141件だったが、その後急増して7月は974件まで増加した。

なかでもきわだって増加がいたのが「SQLインジェクション攻撃」で、4月の段階では21件だったが、7月には534件とわずか4カ月で25倍まで膨れあがった。またディレクトリトラバーサル攻撃についても、4月の100件から7月には364件まで増加するなど目立っている。

同機構では、従来よりSQLインジェクションをはじめ、主要な不正アクセスの形跡をログから簡易的に調査できるツール「iLogScanner」を提供している。今回の調査も同ツールを活用したもので、ウェブサイトに対する攻撃の検査などを実施して、対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題