Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文科省「再生医療の実現化プロジェクト」のサイトが改ざん

文部科学省が幹細胞利用技術などの実用化を目指して取り組んでいる「再生医療の実現化プロジェクト」のウェブサイトにおいて、改ざん被害が発生した。不正なリンクが埋め込まれたもので、現在ウェブサイトを停止し、調査を進めている。

同省が、7月26日に内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)より指摘を受け、被害に気がついたもの。同サイトの運用は先端医療振興財団へ委託しており、同省ではサーバを停止させた。

現時点では、トップページのリンク先が変更されていたことが判明しており、それ以外に被害がないか調べている。また同省では今回の事件を受け、再発防止策やシステムの復旧など対応を進めている。

090727me.jpg

同プロジェクトの検索結果でも「損害を与える可能性がある」との警告が表示されている。サーバは現在は停止している。

(Security NEXT - 2009/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ