Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国や韓国の主要機関にDDoS攻撃 - 「MyDoom」亜種が原因か

米国や韓国の政府機関、金融機関、マスメディアのウェブサイトに対して大規模なDDoS攻撃が行われており、攻撃を観測したセキュリティベンダーでは警戒を強めている。

シマンテックによれば、今回の攻撃により被害を受けているウェブサイトの速度低下などが発生しており、同社が発見した当初は、5万台以上のPCへ攻撃が行われていたという。

原因について、シマンテックでは以前世界的な感染を引き起こしたワーム「MyDoom」の亜種である「W32.dozer」と見ており、感染対策を呼びかけている。

一方エフセキュアによれば、「whitehouse.gov」についても標的になっているものの、影響は現れていないが、「ftc.gov」「sauctionslive.com」で被害が深刻だという。

同社では今回見つかったワームが「Email-Worm.Win32.Mydoom.hw」であることを確認しているが、被害サイトへ攻撃を行う証拠は見つかっていないと指摘している。

(Security NEXT - 2009/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市