Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国や韓国の主要機関にDDoS攻撃 - 「MyDoom」亜種が原因か

米国や韓国の政府機関、金融機関、マスメディアのウェブサイトに対して大規模なDDoS攻撃が行われており、攻撃を観測したセキュリティベンダーでは警戒を強めている。

シマンテックによれば、今回の攻撃により被害を受けているウェブサイトの速度低下などが発生しており、同社が発見した当初は、5万台以上のPCへ攻撃が行われていたという。

原因について、シマンテックでは以前世界的な感染を引き起こしたワーム「MyDoom」の亜種である「W32.dozer」と見ており、感染対策を呼びかけている。

一方エフセキュアによれば、「whitehouse.gov」についても標的になっているものの、影響は現れていないが、「ftc.gov」「sauctionslive.com」で被害が深刻だという。

同社では今回見つかったワームが「Email-Worm.Win32.Mydoom.hw」であることを確認しているが、被害サイトへ攻撃を行う証拠は見つかっていないと指摘している。

(Security NEXT - 2009/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
セシール通販サイトに再度不正ログイン - ポイント不正交換や情報改ざんが発生