Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコミュニケーションズ、インターネット経路ハイジャックの防止技術を開発

NTTコミュニケーションズは、インターネットの経路情報の不正利用を防止する技術を開発したと発表した。

今回開発された同技術は、総務省から委託を受け研究を行った「経路ハイジャックの検知・回復・予防に関する研究開発」の成果。同社が開発を進めている高信頼性インターネット経路情報(IRR)データベースと連携し、経路情報受信時に不正な経路の選択を防止する。ジュニパー・ネットワークスのISP向けルーター上で動作するという。

同社は、経路情報の不正利用を防止するには、ISPによる検知や予防対策が効果的であるとしており、今後、同技術について、有効性などを検証する実証実験を実施する予定。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞