Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Excelにリモートでコードが実行される脆弱性 - ゼロデイ攻撃も発生

マイクロソフトは、「Microsoft Office Excel」にあらたな脆弱性が見つかったとして、セキュリティアドバイザリを公開した。

特別な細工がされたExcelファイルを開くと、リモートでコードが実行されるおそれがあるというもの。同脆弱性の影響を受けるのは、Excel 2000、2002、2003、2007、Mac版の2004および2008、Excel Viewer、Excel Viewer 2003、PowerPoint 2007ファイル形式用Microsoft Office互換機能パック。

同社では限定的としながらも、今回見つかった脆弱性を悪用する標的型攻撃を確認しているという。現在調査を進めており、セキュリティ更新プログラムの提供も含め、対応を検討している。

また一時的な回避策として、信頼できないOfficeファイルを開く際に「Microsoft Office Isolated Conversion Environment」を使用する方法を紹介しているほか、Officeファイルのブロックのポリシーを設定するといった方法を推奨している。

マイクロソフトセキュリティアドバイザリ(968272)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/968272.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も