Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧子会社から顧客情報がWinny流出 - アイティーブースト

ITシステム事業を展開するアイティーブーストは、従業員のPCから旧子会社で扱った顧客情報がファイル共有ソフト「Winny」経由で流出したと発表した。

流出が判明したのは、2006年5月に合併した同社の旧子会社であるエクスビットの顧客情報92件。流出したデータは顧客によって異なるが、氏名やメールアドレス、電話番号、ドメイン名、企業名などが含まれる。

2月5日に外部から流出を指摘するメールがあり、翌6日に事故対策本部を設置し、調査したところ10日に流出したファイルを確認。原因となった従業員およびPCを特定した。

同従業員は自宅で作業を行うため、業務用メールデータを持ち出して個人のPCに保存。さらに自宅ネットワークに接続しフォルダを共有していたが、ファイル共有ソフト「Winny」を利用する別のPCがネットワークに接続していたため、ウイルス感染により共有フォルダ内のデータも流出したという。

2006年8月に流出したと見られており、同社では、対象となる顧客に流出データの内容説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む土地境界確認書を紛失 - 国交省
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
「Chrome 84.0.4147.125」が公開 - 15件のセキュリティ修正を実施
PHPにセキュリティアップデート - 脆弱性を修正
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校