Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧子会社から顧客情報がWinny流出 - アイティーブースト

ITシステム事業を展開するアイティーブーストは、従業員のPCから旧子会社で扱った顧客情報がファイル共有ソフト「Winny」経由で流出したと発表した。

流出が判明したのは、2006年5月に合併した同社の旧子会社であるエクスビットの顧客情報92件。流出したデータは顧客によって異なるが、氏名やメールアドレス、電話番号、ドメイン名、企業名などが含まれる。

2月5日に外部から流出を指摘するメールがあり、翌6日に事故対策本部を設置し、調査したところ10日に流出したファイルを確認。原因となった従業員およびPCを特定した。

同従業員は自宅で作業を行うため、業務用メールデータを持ち出して個人のPCに保存。さらに自宅ネットワークに接続しフォルダを共有していたが、ファイル共有ソフト「Winny」を利用する別のPCがネットワークに接続していたため、ウイルス感染により共有フォルダ内のデータも流出したという。

2006年8月に流出したと見られており、同社では、対象となる顧客に流出データの内容説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る