Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自開発の人口知能を搭載したSaaS型ウェブセキュリティサービス - メッセージラボ

メッセージラボジャパンは、SaaS型ウェブセキュリティサービス「Managed Web Security Services」を、3月1日より提供開始する。

同サービスは、ウェブ経由で侵入するウイルスやスパイウェアをブロックするとともに、URLフィルタリングやダウンロードファイルのスキャン、ポリシーに基づくアクセス制御、オンデマンドのレポート作成など、統合的なセキュリティ機能をSaaSサービスとして提供するもの。

090218ml2.jpg
システムの模式図(クリックで拡大)

URLフィルタリングには、シマンテックのエンジンを採用しており、標準で54カテゴリに対応。一方ウイルス対策エンジンはシマンテック製ではなく、傾向の異なる3つのベンダーエンジンを採用している。

さらにこれらで駆除できなかったウイルスに対して、2万件のニューリスティックルールなどを搭載した独自開発の人工知能「SKEPTIC」を組み合わせることで対応している。ウイルス対策エンジンは同システムへの付加を防止するために利用されており、「SKEPTIC」が実際に処理するウイルスは全体の6%ほどだという。

企業やグループごとに独自のポリシーを設定できるほか、ダウンロードファイルのスキャンではMIMEタイプやファイル拡張子を設定して、特定のファイルへのアクセスをブロックすることも可能。

また、最新の脅威やウェブの利用状況を視覚化するダッシュボードのほか、サマリーレポートや詳細レポート、監査レポートなどレポート機能を搭載した。

(Security NEXT - 2009/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す