Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自開発の人口知能を搭載したSaaS型ウェブセキュリティサービス - メッセージラボ

メッセージラボジャパンは、SaaS型ウェブセキュリティサービス「Managed Web Security Services」を、3月1日より提供開始する。

同サービスは、ウェブ経由で侵入するウイルスやスパイウェアをブロックするとともに、URLフィルタリングやダウンロードファイルのスキャン、ポリシーに基づくアクセス制御、オンデマンドのレポート作成など、統合的なセキュリティ機能をSaaSサービスとして提供するもの。

090218ml2.jpg
システムの模式図(クリックで拡大)

URLフィルタリングには、シマンテックのエンジンを採用しており、標準で54カテゴリに対応。一方ウイルス対策エンジンはシマンテック製ではなく、傾向の異なる3つのベンダーエンジンを採用している。

さらにこれらで駆除できなかったウイルスに対して、2万件のニューリスティックルールなどを搭載した独自開発の人工知能「SKEPTIC」を組み合わせることで対応している。ウイルス対策エンジンは同システムへの付加を防止するために利用されており、「SKEPTIC」が実際に処理するウイルスは全体の6%ほどだという。

企業やグループごとに独自のポリシーを設定できるほか、ダウンロードファイルのスキャンではMIMEタイプやファイル拡張子を設定して、特定のファイルへのアクセスをブロックすることも可能。

また、最新の脅威やウェブの利用状況を視覚化するダッシュボードのほか、サマリーレポートや詳細レポート、監査レポートなどレポート機能を搭載した。

(Security NEXT - 2009/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ