Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が納税者の個人情報を持ち帰り、誤って第三者へメール送信 - 加古川市

加古川市の職員が、納税者に関する個人情報最大789件が含まれるデータを持ち帰り、誤って第三者にメール送信していたことがわかった。

誤送信されたのは、市民税課が管理している2006年度相続人確定システムに登録されていた最大789人分の氏名、住所、生年月日、死亡日、相続人氏名など含むデータ。

同課の職員がデータを自宅へ持ち帰り、個人のパソコンに保存。昨年7月にほかの端末へデータを転送しようとした際、メールアドレスの入力を誤って第三者1人に送信したという。2月2日にデータの受信者から連絡があり、問題が発覚した。

同市では、対象となる納税者に対し文書で説明と謝罪を行っている。また、不正に利用されたという事実は確認されていないという。

(Security NEXT - 2009/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市