Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一定期間認証ないPCの内部データを自動消去 - 「トラストデリート」最新版

ワンビは、盗難被害に遭ったり紛失したパソコン内のデータを遠隔で消去する情報漏洩対策ソフトの最新版「トラストデリート2.0」を、2月20日より発売する。

同ソフトは、ハードディスク内に保存されている個人情報や機密情報を、携帯電話やパソコンなどインターネット経由で消去できるソフトウェア。あらかじめ消去対象データとして設定し、サーバに消去指示を送ることで消去できる。消去確認証明書の発行や、消去対象データを見えなくする「不可視タイマー機能」なども搭載している。

今回発売となる最新版では、サーバ管理機能とクライアント機能を強化。複数の管理者が登録可能になったほか、サーバに保存されているデータベースの自動バックアップに対応した。

また、クライアントPCへのサイレントインストールやCSVによるクライアントの一括登録が可能。一定期間社内ネットワークに接続されていないパソコンについても、データの自動消去が行える。

25クライアントライセンス含むサーバライセンスが初期費用210万円、年間保守料42万円。クライアントライセンスが、1クライアント6300円/年。

(Security NEXT - 2009/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ
カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品
アドバンスデザイン、フォレンジック向けデータ取得ツール