Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pソフトによる配布も問題ないコンテンツ配信ソリューション

アイドックとアスペクトデジタルメディアは、著作権保護を実現するPDFファイルの配信システムを運営開始した。

今回の両社提携により、共同で「電子書店アスペクト超流通コンテンツデリバリーシステム」を運営するもの。アイドックが著作権保護ソリューション「KeyringPDF for 超流通」を提供し、アスペクトデジタルメディアが課金や配信を行う。

販売されるファイルは、一部無料で読める立ち読みPDFが含まれ、決済後に閲覧が制限されていた課金部分を読むことができるしくみ。「立ち読みPDF」はP2Pネットワークなど配布を自由に行うことができる一方、暗号化によりコピーされても課金部分については閲覧できないという。

両社は、同サービスを通じて決済から配信、著作権保護までワンストップで提供し、出版社をはじめとするコンテンツホルダーへサービスを展開する。2009年度に200点以上の電子書籍を刊行する計画だという。

(Security NEXT - 2008/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブックスキャン、電子化書籍の違法公開を監視 - 著者や出版社に情報提供
ALSI、フィルタリングソフトの新版を発売 - 標的型攻撃のURLリストを拡充
サイファー・テック、スマホアプリの堅牢性を評価するサービス
UGSE、独政府が著作権を持つセキュリティソリューションを販売
マルウェアに強いスマホ「Windows Phone」 - BYODの強い味方となるか
BIGLOBE、スマホ向けコンテンツ配信サービスにDRM機能を追加
FFR、出荷前のAndroid端末を対象としたセキュリティ分析サービスを開始
BSA、ソフトの不正利用防止に向けた無料のeラーニングサービスを公開
ソフトウェアライセンスについて学べるeラーニングサービス
AIU、特許権など知的財産権侵害へ対応する賠償保険を発売