Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模企業向けサービス「beat/entryサービス」を開始 - 富士ゼロックス

富士ゼロックスは、小規模事業所向けアウトソーシングサービス「beat/entryサービス」を12月10日より提供開始する。

同サービスは、ネットワークの運用管理を提供するアウトソーシングサービス。同社が運用する機器「beat-box」をネットワークへ設置することにより、セキュリティ対策機能やネットワークに接続された複合機、プリンタの管理を行うことができる。

セキュリティ対策機能では、メールやFTP、ウェブアクセスを対象としたウイルス対策サービスをはじめ、不正アクセス対策に利用できるIPSサービス、ファイアウォール、迷惑メールサービスなどセキュリティ対策機能を搭載。さらにオプションとしてコンテンツフィルタリングやPCクライアントにおけるウイルス対策などを利用できる。

同社によれば、同サービスの提供にあたっては、すでに提供している上位サービス「beat/basicサービス」の機能やサポート体制を踏襲しつつ、小規模な単一事業所を対象に必要な機能に絞ることで手ごろな価格帯を目指したという。月額利用料は8800円から。

(Security NEXT - 2008/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
ヤマトシステム開発、マイナンバー関連業務の代行サービスを提供
BBSec、メールサービスにマルウェア感染リスクを検証するオプション
富士通、マイナンバー制度対応ソリューションを展開 - 社内には「番号制度推進室」
ペイロール、マイナンバー管理するアウトソーシングサービス
ファイア・アイとKS-SOLが提携、西日本での事業展開を強化
gooya、スマホに特化した検証センターを開設 - 脆弱性診断も
NTTコム、「Bizマネージドセキュリティサービス」に標的型攻撃対策を追加
GSX、マネージドWAFサービス「TIGER WALL」を提供
NTTコム、多様なICT環境のセキュリティ対策を一元管理するサービス