Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サービス内容など記載した顧客リストを紛失 - J:COM豊中・池田

豊中・池田ケーブルネットにおいて、顧客情報68件が記載された書類の紛失が判明した。

所在が不明になっているのは、顧客情報68件が記載されたリスト。顧客の氏名、住所、電話番号、加入サービスの内容などが含まれる。9月8日、同社従業員が紛失したもので、紛失場所は社内か外部か特定されていない。

同社では警察に紛失届を提出するとともに、対象となる顧客へ個別に連絡して説明と謝罪を行っている。紛失した情報が不正に利用されたという事実は確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
紙袋に入れた受託イベント参加者の個人情報を紛失 - FVC
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
特定地区の粗大ごみ収集受付票のみが所在不明に - 大阪市
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構
衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西
スパリゾートハワイアンズの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
感震ブレーカーの設置対象者リストが所在不明 - 杉並区
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で