Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡市、本人の同意なく生活保護受給者の個人情報を業者に提供

静岡市は、生活保護受給者の同意を得ず、個人情報を賃貸保証会社に提供する漏洩事故が発生したことを明らかにした。

7月末に受給者が契約している賃貸保証会社より連絡が福祉事務所にあり、家賃の滞納や家屋の明け渡しなどトラブルが生じているとして契約者の受給者と連絡を取りたいとの希望を受け、本人の同意を得ずに職員が携帯電話の番号を教えたという。

同市では、職員や上司などが電話や訪問により繰り返し謝罪したという。同市では研修の実施やマニュアルを作成して再発を防止したいとしている

(Security NEXT - 2008/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
会議配布資料で不十分な墨塗り、意見提出者の個人情報が漏洩 - 経産省
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報