Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡市、本人の同意なく生活保護受給者の個人情報を業者に提供

静岡市は、生活保護受給者の同意を得ず、個人情報を賃貸保証会社に提供する漏洩事故が発生したことを明らかにした。

7月末に受給者が契約している賃貸保証会社より連絡が福祉事務所にあり、家賃の滞納や家屋の明け渡しなどトラブルが生じているとして契約者の受給者と連絡を取りたいとの希望を受け、本人の同意を得ずに職員が携帯電話の番号を教えたという。

同市では、職員や上司などが電話や訪問により繰り返し謝罪したという。同市では研修の実施やマニュアルを作成して再発を防止したいとしている

(Security NEXT - 2008/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関連機関で性的少数者の個人情報を漏洩 - 富士市
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
水俣病の認定申請資料に関係ない個人情報、墨塗りを失念 - 新潟県
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 防犯カメラ通販サイト
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀
データ登録ミスでマイナンバー含む個人情報を漏洩 - 野々市市