Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡市、本人の同意なく生活保護受給者の個人情報を業者に提供

静岡市は、生活保護受給者の同意を得ず、個人情報を賃貸保証会社に提供する漏洩事故が発生したことを明らかにした。

7月末に受給者が契約している賃貸保証会社より連絡が福祉事務所にあり、家賃の滞納や家屋の明け渡しなどトラブルが生じているとして契約者の受給者と連絡を取りたいとの希望を受け、本人の同意を得ずに職員が携帯電話の番号を教えたという。

同市では、職員や上司などが電話や訪問により繰り返し謝罪したという。同市では研修の実施やマニュアルを作成して再発を防止したいとしている

(Security NEXT - 2008/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
音楽グループの宿泊先を漏洩、従業員を解雇 - イベント企画会社
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
一部会員の登録情報が流出、システム障害で - トイ・ワイド友の会
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大